入居中に注意すること

家賃の支払い方法

家賃の支払いは、契約書第3条に記載されている方法で行ってください。家賃は前月末日払いが原則となっています。家賃の支払いが遅れますと、契約が解除になってしまう場合があります。

お振込みでお支払いの場合 家賃のお振込みに際しては『お部屋番号+ご入居者氏名』を必ず入力してください。
例)101チュウオウタロウ

共同生活のルール

  1. 騒音
    共同住宅であるアパート・マンションのある程度の音は「生活音」としてお互いに許容していただきたいと思います。 しかし深夜に友達を呼んでの会話や楽器演奏・音楽・テレビの必要以上の音量、深夜の入浴、洗濯は「騒音行為」となり契約解除になる場合がありますので充分注意してください。
  2. たばこについて
    喫煙はマナーを守りましょう!寝たばこやポイ捨ては大変危険です。決められた場所で喫煙し正しい方法で処分してください。

    ご注意 ご契約時にご説明致しました、「東京都賃貸住宅紛争防止条例」の特約事項で記載されていますように「通常の損耗の範囲を超えたタバコのヤニによる壁・天井のクロス張替え費用」は借主様のご負担となります。

  3. 共用部分
    廊下・玄関ホール等は共用部分であり、ゴミや私物の放置は禁止されています。私物は部屋の中に保管してください。
  4. ゴミの出し方
    (地域によって異なります)
    各自治体でゴミの出し方ルールブック(ゴミカレンダー)を発行しています。ゴミカレンダーをよく読み必ずルールを守るようにしてください。
    ルールを守らない場合、清掃局はゴミを回収しません。
    (ゴミカレンダーは最寄りの行政機関や清掃局に置いてありますのでご確認ください。また、インターネットでも参照できます。)
    八王子市:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/gomi/kateiyougomi_karenda
    日野市:http://www.city.hino.lg.jp/kurashi/gomi/kihon/1002863.html
    多摩市:http://www.city.tama.lg.jp/0000008402.html

鍵の紛失

鍵を紛失した場合、シリンダーごと交換する場合もあります。
交換の費用は入居者様にご負担いただきます。紛失の際は、大家さんまたは管理会社まで連絡し指示を受けてください。

※生協でお渡ししたカードキーについては、学園中央開発までご連絡ください。(連絡先:042-670-1611)

※スペアキーの作成は、事前に大家さんの了承が必要です。

※退去時、鍵は全て(スペアキー含む)ご返却いただきます。

駐輪・駐車

駐車場に無断駐車したり、周辺近隣の迷惑になるような駐車はお止め下さい。
また、バイク、自転車を駐輪場に止める時も、決められた位置に鍵など盗難防止の措置をした上で1台1台整理整頓して駐輪してください。 アパートを退去される時は、バイク・自転車を放置せず必ずご自分で手配(処分等)される様お願い致します。

保険について

火災・水漏れ・設備破損等の事故を起こした時、加入している保険で補償される場合があります。
ご自分で処理せずに中央大学生協へお問合せ下さい。
また、これらを含めた緊急を要する事故については「消防・警察」のほか
中央大学生協保険係(連絡先:042-674-3030)及び大家さんへもご連絡下さい。

医療機関について

医療機関のお問合せは、各市役所「連絡先」ページをご参照下さい)に電話でお問合せ下さい。もしくは、ホームページでもご紹介を行っております。
八王子市医療機関:http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kurashi/hoken/004/p003011.html
また、中央大学生協が取り扱っている「キャンパスライフコンシェルジュ」もご利用ください。(要加入)

勧誘・押売

一人暮らしでトラブルに巻き込まれやすいのが勧誘・押売等の悪徳商法です。
「自分は大丈夫!」と思っていても、最近手口が巧妙化してきています。また、管理会社からの依頼と偽りドアを開けさせる手口も目立ってきています。
管理会社がお部屋のことでお伺いする場合は、必ず事前に連絡を行います。訪ねてきた人に心当たりがない場合ドアは開けないようにして下さい。
また、近くまで買い物で外出する場合も玄関の鍵はもとより、窓の鍵を掛けてから外出してください。

防火・防犯

就寝時、外出時は火の元の確認をはじめ、暖房器具の消し忘れに充分注意しましょう。(契約書にも記載されていますが、石油ストーブは使用禁止です
玄関ドアの施錠はもちろん、窓ガラスの施錠も心掛けましょう。窃盗のプロは窓の大小、階数の高低にかかわらず侵入してきます。日々の心がけが肝心です。

ご注意 心当たりのない訪問者へは、玄関のドアは絶対に開けないでください。

※『設備の無料点検にきました。』『下の階の入居者ですが「水漏れ」の様なので部屋を見させて欲しい』等で訪問してきた場合は、玄関のドアは開けずに必ず大家さんへ連絡して下さい。 設備の点検、不具合での訪問は、「家主」から予め連絡をしてから伺います。
絶対に玄関のドアは開けないでください。

長期休暇・外出の時は

夏休みや旅行等、長期にわたってアパートを留守にする際は、下記のご確認をお願い致します。

  1. 大家さんへ一言連絡しておきましょう
  2. 水道の蛇口(洗濯機含む)は閉めましたか?
  3. 新聞の配達を止めましたか?
  4. コンセントは抜きましたか?
  5. 自転車・バイクの施錠は大丈夫ですか?

※寒い時期(冬休み等)長期にわたって留守にする場合には、給湯器凍結防止のためブレーカーは落とさないで下さい。
ブレーカーを落としますと最悪の場合水道管が破裂して使用できなくなります。