設備に関する注意事項

洗濯機の設置について

洗濯機の設置後は、必ず2~3回は洗濯中の洗濯機の様子を点検して下さい。
全自動だからと安心していると、ホースが緩んでいたり、外れたりして水漏れ事故を起こすことになります。また、定期的に排水溝に溜まっているゴミも取り除くようにして下さい。これも水漏れの原因となります。

エアコンの使用について

<お手入れ方法>
フィルターのお手入れは2~3ケ月に1度くらい外して、掃除機で埃を取り除いて下さい。フィルターの掃除を怠るとエアコンの効きが悪くなる場合もあります。

<エアコンが効かない・動かない>

  1. コンセントが外れていませんか?
  2. リモコンの電池は入っていますか?
  3. 室外機の吸い込み口がふさがれていませんか?
  4. フィルターが埃で汚れていませんか?

※エアコンから水漏れ等があった場合には、早急に大家さん、管理会社または中央大学生協にご連絡ください。

テレビの使用について

テレビがつかない?映りが悪い?場合、以下をご確認ください。

  1. アンテナを正しくつなぎましたか?
  2. チャンネル設定は大丈夫ですか?
    (地域によってはチャンネル設定が必要となります)

詳しくは、テレビの取扱説明書をご確認ください。

※深夜等テレビのボリュームには十分ご注意ください。

湿気・結露対策

室内と室外の温度差により、窓や壁に発生する水滴を結露といいます。結露を放っておくとカビやダニの発生の原因となります。 これらを防ぐには常に換気を心掛け、風通しを良くして下さい。留守がちな方はタイマーでエアコンを設定するなどしてください。 市販されている除湿剤を使うのも効果的です。

※新築マンションは特にご注意ください。

その他

  1. ガスの取り扱いには十分注意してください。使用方法を誤ると大事故につながります。
  2. 引っ越しされるとき不要となった「バイク・自転車・家具・電気製品等」は必ずご自分で処理して下さい。処分しないで引越しされた場合、処分代金を請求させて頂きます。
  3. 入居中の方は、日常生活の中でお部屋を入居した時と同じ状態で維持していかなければなりません。(善管注意義務) お部屋に補修が必要な個所が生じた場合は故意・過失に関係なく、ご自分で補修せずにすぐに大家さんか中央大学生協にご相談ください。 補修の必要性のあるものを放置し、お部屋が損傷した場合は、補修費を請求されてしまう場合がありますのでご注意下さい。
  4. 入居後、設備の不具合に関してのご連絡先は、ご契約時にお渡し致しました、「賃貸住宅紛争防止条例に基づく説明書」をご参照下さい。