文学部 新潟県出身 刑部くんのお部屋紹介

① 現在の部屋を決めた経緯、部屋のアピールポイントを教えて下さい

大学時代に一人暮らしをしていた父と一緒に住まいの相談会に行きました。そこで担当して下さったスタッフの方と父の話を聞き、お部屋の条件を絞りました。

マンション周辺の景色や、落ち着いた雰囲気が私の地元と似通った点に魅力を感じ、今の地域に決めました。

地域を決めた後は先で決めた条件や、家具のレイアウト等を想像しながら、自分の好みである木目調の家具に合いそうな今のお部屋に一目惚れし、入居することに決めました。

② お部屋作りをするうえでこだわった点を教えて下さい

先に述べたように、木目調の家具と、部屋の所々に緑を混ぜた、柔らかい色合いにこだわりました。また、物が多いため、極力デッドスペースを無くすようにしています。基本的に勉強は図書館や予備校でするため、自宅は内装や色合いにこだわり、趣味の空間として、勉強やサークルの仕事を忘れられる空間にしようと思いました。

③ 部屋での過ごし方を教えて下さい

勉強やサークル運営など、1日の大半を外で過ごしているため、自宅にいる時間は基本的に少ないです。帰宅後、就寝するまでは趣味の時間に充てています。

④ 大学生活の代表的な1日のスケジュールを教えて下さい

 

  • 09:00 起床、家事
  • 10:00-15:00 授業など
  • 16:00-18:00 サークル運営など
  • 18:00-21:00 予備校
  • 21:00-03:00 家事、勉強

私は中央大学内の全テニスサークル(10団体、約1,000人)の代表を務めています。その為、様々な企業に赴いたり、大会の運営を行ったりと、日中は基本的に自分の為に使える時間がありません。

多忙な日々ですが、大規模組織の代表としての経験、そしてそれに伴う達成感は、私の中の大切な財産です。

勉学面では公務員志望のため、学部の授業の他に公務員予備校に通っています。予備校の授業に加え、日中に勉強ができない分、時間を自由に使える深夜に勉強を行っています。 4年間という限られた時間をより有効に、効率的に使うために努力をしています。

⑤ 日用品の買い出しはどうしていますか?

学校にバイクで通っている為、学校周辺の業務用スーパーで買い出しを行っています。食料品の他に日用品も取り扱っているお店なので、日常生活で必要なものをそこで一気に買い揃えます。 風邪が流行するシーズン前には、いざ自分が動けなくなった時でも生活できるよう、薬やマスク、簡易的な食料なども買いだめをしておくよう心がけています。

⑥ お部屋に不満な点はありますか?

コンセントの位置に偏りがある点です。私のお部屋の場合は、部屋の片方にコンセントが複数ある為、延長コードでカバーしています。

⑦ お部屋探しのアドバイスをお願いします

物件自体の条件も重要ですが、それと同じくらい、周辺地域の環境も重要だと思います。周辺道路の街灯、治安、交通量(騒音)、あるいはスーパーやコンビニ、病院、駅までの距離などです。夜に暗い道を歩くのは危険ですし、店や病院が遠すぎた場合、体調不良の時に辛い思いをすることになります。

逆に、物件の周囲の景色が好みであれば、四季や時間帯によって生活の中に彩りが生まれますし、何より大学生活自体がより一層楽しいものとなると思います。

このページの先頭へ▲